SM7XQZ 2007

sm7xqz.exblog.jp

SM7XQZの運用記
SM7XQZ
 1981年にJG2GSY開局。約10年のQRT後、スウェーデン留学中の2001年にSM7XQZ開局。50 MHzにて数々のmagicを経験する。50MHzとCWを愛するアパマンハム。

 2002年、2003年のSM7XQZ運用記は、JN1BPM鈴木先生のホームページのスペースをお借りして公開中。こちらもぜひご覧下さい。2007年は、こちら(このブログ)。
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007.07.08 (Sun) ~ 不完全燃焼

 今日は昨日とは打って変わって天気が悪い。シトシトと雨が降り、アルプスの山々は全く見ることができない。雨が多少室内に降り込むことを覚悟して、10:00すぎにアンテナをセットした。

 天気と同様に今日のmagic bandは完全に湿りがちなコンディションで、1時間ほどワッチしてもノイズしか聞こえない。あまりに暇だったので、アンテナはそのままでHFをワッチしてみた。

 14 MHzでスウェーデン語のラグチューを発見し、懐かしさのあまりしばらく聞いていたが、内容は10%くらいしか理解できなかった。スウェーデンから帰国して既に4年半、私のスウェーデン語力は著しく低下していた。あまり長時間HFで油を売っていても仕方ないので、50MHzに戻ってCWでCQを出してみた。

c0132462_22382110.jpg すると3回目のCQにF8OP(MP3音声)からコールがあり、579/559でラバースタンプQSOとなった。F8OPのロケーターはJN26。ジュネーブより一区画南のローカルであった。しばらくバンドは開かないだろうと予想して、私は2時間ほど昼寝をし、昼食のため外出もした。その間に私が何か大物を取り逃がしていたか否かは知る由もない。

 14:00すぎからワッチを再開したが、相変わらずバンドは開店休業の状態が続いていた。14:55頃から数分間だけ弱いEsが発生し、CT1NRT(MP3音声)が319-519で聞こえたが、とてもQSOできるレベルではなく、コールせずに終わってしまった。せっかくの日曜日であったが、不完全燃焼で終わってしまった。

c0132462_12291488.jpg
Geneveの観光名所イギリス公園の花時計


 【下の「前のページ」をクリックしてください】
[PR]
by sm7xqz | 2007-07-08 21:59 | 2007 HB9/SM7XQZ