SM7XQZ 2007

sm7xqz.exblog.jp

SM7XQZの運用記
SM7XQZ
 1981年にJG2GSY開局。約10年のQRT後、スウェーデン留学中の2001年にSM7XQZ開局。50 MHzにて数々のmagicを経験する。50MHzとCWを愛するアパマンハム。

 2002年、2003年のSM7XQZ運用記は、JN1BPM鈴木先生のホームページのスペースをお借りして公開中。こちらもぜひご覧下さい。2007年は、こちら(このブログ)。
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007.07.06 (Fri) ~ HB9/SM7XQZ QRV開始!

 今日の午後から学会が始まる。学会の大まかな日程は事前に発表されてはいたが、個々の演題に関しては、学会場に行って詳細なプログラムを受け取るまでわからなかった。プログラムを見て最初に確認したのは、どこか暇な時間帯があるか否かである。プログラムを注意深く確認すると、何と、7日(土)と8日(日)のほとんどは、私の研究分野とはあまり関係のない演題ばかりで、十分にQRVする時間が取れるではないか。「週末に無線ができる!」、私はmagic bandの女神の粋な計らいに感謝した。

 嬉しさのあまり、今日は少々フライングぎみに学会場を後にし、ホテルの部屋へと舞い戻った。北西向きの窓を開けた瞬間、一抹の不安が私の頭をよぎった。私が宿泊したホテルはジュネーブ中央駅の真正面にあり、学会場へのアクセスには非常に便利ではあったが、目の前を多くのバスやトラム(路面電車)が行き交っている。私の部屋は5階であったが、窓から数メートル下にトラムの電気ケーブルが張り巡らされていた。「これはノイズレベルが高いかも、、、」私の予感は見事に的中した。

 18:30頃からワッチを開始したが、どのバンドもノイズばかりで、常にメーターはS7-S8振っている。CWフィルタを入れてもS2-S3ほどのノイズが残っていた。「これは強力なEsが出るか、ローカルとGwでQSOするしかないな」、と半ばあきらめ気味にワッチを開始した。

 ダメ元でCWでCQを出してみると、18:50、何と3回目のCQにローカルのF8CMFからコールがあった。ジュネーブはスイスとフランスの国境の街である。彼のロケーターは私のジュネーブのホテルと同じJN36であった。559/559でQSOを終え、さらに数回CQを出してみたが、どこからも応答はなかった。

c0132462_1834798.jpg バンドをスイープしていると、19:01、突如強力なCWが飛び込んできた。その主はEA7KW(MP3音声)であった。EA-HB9に Esが開いたようだ。4年ぶりにEUで体験するEsに、私は大いに感動した。すかさずEA7KWをコールして、599/599のレポート交換をした。「さあ、今日はEAの日か?」と期待したものの、聞こえてくるのはEA7KWのみで、ごく一部の限られたオープンのようだった。

 しかし、あきらめずにダイヤルをまわしていると、319-539で入感するCWを発見した。ノイズレベルが高い上に比較的強いQSBをともなっていて、コールが完全に聞き取れない。「CY??ZEか?」、「いや、CT1?ZEか?」、「どこだ?」CTのポルトガルは知っていたが、私はCYなどというプリフィックスは聞いたことがなかった(注)。「まあいいや、とりあえず呼んでみよう」と何回かコールしてみたが、その正体不明の某局(MP3音声)は私のコールには全く気付く様子もなく、数回CQを繰り返した後、静かにフェードアウトしていった。かくして、4年ぶりのSM7XQZ(HB9/SM7XQZ)は1時間半ほどのQRVで終了した。

 (注)SM7XQZ 2002でも述べたが、私はDXerではない。強いて言うならば「DX?さぁ?」である(笑)。CYがカナダであることは、日本に帰国してからプリフィックス一覧表を見て初めて知った。もしも本当にカナダが聞こえていたならば、Esのマルチホップ(SSSP?)と考えられ、「どえりゃーすげーがや!(名古屋弁)」といことになるのだが、、、。この正体不明の某局のコールサインは何なのか。録音を繰り返し聞いても良くわからない。この某局のコールサインに関して、読者の皆さんのご意見を頂戴できれば幸いである。

c0132462_12263848.jpg
ホテルの窓から見た景色
中央駅とバス・トラムのターミナルが見える
いかにもノイズレベルが高そう


 【下の「前のページ」をクリックしてください】
[PR]
by sm7xqz | 2007-07-06 21:58 | 2007 HB9/SM7XQZ